みんなが知らない銀座の高級クラブの世界

銀座の高級クラブで働きたい・気になっている女性のための情報サイトです。【公式サイト】http://ginza-luce.net

なぜ26歳の女性が、銀座の高級クラブのママになれたのか

 銀座クラブ求人エージェントLUCEブログ【体験ルポ:現役銀座クラブホステスが明かす 女子が知らない「銀座の夜のクリスマス」 】

座っただけで数万円、ボトルをキープすれば十万円を軽く超える……。上場企業のトップ、政治家、芸能人など各界で活躍している人たちが交流を深めるところが、東京・銀座の高級クラブ。
バブル期には銀座だけで約3000軒もの店が軒を連ねていたと言われるが、バブル崩壊リーマンショック東日本大震災などを経て、その数は激減。クラブ業界が厳しい環境を強いられている中、“異変”が登場した。
Mさん、26歳――。夜の銀座で働き始めて2年ちょっとで、老舗の高級クラブのママに。バブル後、最短&最年少ママが誕生したことで、銀座の街がざわめき立っているのだ。
 
 
そんなにスゴいことなの? 美人だったらママになれるのでは? と思った人もいるのでは。答えは、NOだ。銀座のママになれるのは、30代後半~40代前半が多い。若くてかわいかったらなれる、という甘い世界ではなく、実績がなければ難しいのだ。銀座で働く、ある黒服はこのように語った。「現在、銀座にホステスが何人いるのかは分かりません。ただ、『この街で生き残れる女性は、100人に1人』と言われています。そんな厳しい世界で、最短&最年少ママになったMママはものすごく注目されています。
 

 

 
【転載元:IT MEDIA ビジネス:(http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1501/21/news011.html):土肥義則
 
若くしてママになれたMさん、最初は誰もが抱く共通したものを持っていました。
 
自分が本当に通用するのか、ものすごく不安を感じていました。キャリーバックに仕事道具を詰め込んで、東京駅に到着して、そのまま銀座の街に向かいました。働くクラブは決まっていましたが、どこにあるのか分かりませんでした。歩いている人に「このクラブはどこにありますか?」と聞いて、迷いながらもなんとかお店に着くことができました。夜の銀座とはどういった世界なの? と聞かれても何も答えられない状態で初日を迎えました。
 
 
 
 
彼女が出会ったある人物がきっかけに。
 
北新地では、老舗のクラブ「城」(現在は閉店)というところで働いていたのですが、その店のオーナー・木下功会長にこのように言われました。「お前は一番になれる人間だ。水商売を始めるのであれば、中途半端で終わってはいけない。絶対に“てっぺん”をとらなければいけない。そのためには努力を惜しんではいけないぞ」と。ある日、帰りのタクシーをご一緒させていただいたとき「実を言うと……オレは銀座で旗をあげたかったんだ」と打ち明けてくれました。しかし、その3日後、静かに息を引き取られました。
 
 「北新地で知らない人はいない」と言われるほど木下会長は有名でしたが、銀座では成功することができませんでした。ホステス経験のない私を育ててくれて、期待もかけてくれて。もし自分が銀座で“てっぺん”をとることができれば、彼の供養になるかもしれない……。そんな想いもあって、上京しました。
 
 
「“てっぺん”をとるために努力を惜しんではいけない」=24時間、仕事
 
ホステスの仕事とは?
 
「勤務時間だけが仕事」といったイメージは、銀座では全然違います。
「水商売をしている女性」と聞くと、多くの人は夕方に髪の毛をセットして、お客さまとお酒を飲みながらワイワイ騒いでおしまい、といったイメージがあるでしょう。確かに、そうした人もいるでしょうが、少なくとも銀座で働く女性は違います。そんなに甘い世界ではありません。
 
 まず、新しい情報には敏感でなければいけません。新聞の人事欄には必ず目を通して、もしお客さまが異動になられたら、お花などを手配します。もちろん、人事欄だけでなく、経済ニュースはすべて読まなければいけません。
 最近は、おいしい店を見つけることも、私たちの大事な仕事ですね。しかも“隠れ家的な店”でなければいけません。お客さまはおいしい店をたくさんご存じなので、新しい店で、おいしくて、隠れ家的でなければいけません。
 
 
 
銀座のクラブはお客のPRの場
 
誤解されている方も多いと思うのですが、銀座のクラブは恋愛をするところではありません。もちろん疑似恋愛を楽しもうとされる方もいらっしゃいますし、会社の同僚と楽しい時間を過ごそうとされる方もいらっしゃいますし、大事な接待の場としてご利用していただいている方もいらっしゃいます。長くご利用していただいているお客さまは、自分たちが“安定”していることをアピールする場でもあるんですよ。
 
銀座のクラブで飲む、ということは決して安くはありません。そうした場所で、長年飲んでいらっしゃる方は、それだけで業績が安定している証拠にもなるんですよ。
ただ、中には会社が倒産したり、異動になったお客さまもいらっしゃいます。そうした立場に置かれても、あるお客さまはこのように言ってくださいました。「いまはダメになった。しかし、1年後、優希ママに会えるために、自分はがんばるから」と。
そのお客さまは、お店に足を運んでいただけなくなりました。それでも、できることは必ずしています。例えば、朝のモーニングコールもしますし、プレゼントもしますし、ランチもします。私と話をすることで少しでも元気になっていただければ、それだけでうれしい。
 

 
なぜ、若くして銀座のママになることができたのでしょうか?
 
多くの人が「優希ママの最大の強みは『気配り』ができること」
さて、どんな気配りなのでしょうか?
 
 
あるお客さまは、お店に彼女を連れてこられました。「オレが飲んでいるところは、優希ママがいるから大丈夫だよ」という意味で、お越しになられた。
お客さまは楽しそうに飲まれていたのですが、彼女はどこか寂しそうな表情を浮かべていました。そして、お客さまが席を外されているときに、彼女はこのようにつぶやきました。「あの人……昔は誕生日などの記念日は覚えていてくれたのに、最近はよく忘れているんですよね。銀座のクラブにもよく顔を出しているようだし、心配で……」と。それを聞いて、「そういえば、彼女の誕生日が近かったな」と思い出しました。
 
お客さまは「彼女の趣味はスキー」と言っていたので、すぐにスポーツショップに行って、ニット帽とゴーグルを購入して、次にケーキと花束を買いました。そして、お客さまの携帯電話に連絡しました。「優希です。彼女の誕生日プレゼントを用意しました。私から『お客さまから預かっているモノがございます……』という形で出しますからね」とお伝えすると、「忘れてた! ありがとう!」と喜ばれていました。
 
そして、彼女に「誕生日だということで、お客さまからプレゼントを預かっていました。どうぞ」と言って、ニット帽とゴーグルを渡しました。また、「私も何か用意しておきたかったのですが、お花とケーキを用意させていただきました」と言うと、彼女は大粒の涙を流されていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、記事は以上です。いかがでしたでしょうか?
「私なんか・・・」と思っている方もまずは応募だけでもしてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 
 
 

ginza-luce.net